初めての人でも安心!社員教育とは

社会人マナーの基本を学べる!

4月になると新しく新入社員になった方がまず初めに受ける研修があります。それがそれぞれの会社で行われる社員教育です。
社員教育は会社でこれから必要になるビジネスマナーや社員のキャリアを形成するための基盤となります。従って学生時代にバイトをしたことがない方や社会人のマナーを勉強してこなかった人でも安心して受けられます。会社側も未熟なことは承知の上で行う研修なので、成果や責任を感じることなく参加できます。実際に新入社員のほとんどが初めての体験者ばかりで、グループワークでも同じスキルの方が多いです。社会人とて養うべき知識はこの研修からスタートするので、積極的に参加し業務ノウハウやビジネスマナーを習得して下さい。

同じ境遇の仲間がいるので安心!

社員教育が会社の研修の中で最もベースとなる理由に、参加メンバーの構成が上げられます。
入社した新入社員が同時に参加する新入社員研修は同じ年代、同じ境遇の同期で構成させるため、気持ちに一体感が表れ非常に有意義な時間になります。同期という存在は社会生活の中でアドバイスを聞いてもらったり、将来のビジョンを相談し合うような貴重な存在です。そんな同期と一緒に受ける社員教育では、同期とのコミュニケーションにも繋がり、人脈形成の貴重な経験です。入社後のキャリア研修などでは年齢構成や所属部署もバラバラの確率がとても高いので、新入社員研修のグルーブ感は体験できません。会社にもよりますが同期が一斉に集まる研修は新入社員研修後、ない可能性もあります。